不用品回収業者の情報ブログです。様々なカテゴリー記事を掲載しています。

軽トラック積み放題プランがお得なワケ:不用品でお困りの方向け情報ブログ

軽トラック積み放題プランがお得なワケ

14 PV
軽トラック積み放題プランがお得なワケ

『効率よくゴミを一度に処分出来たら…』そんなお悩みを解決致します。


「ある程度の量のゴミを一度に処分できたら…」と考えたことはないでしょうか?一般的な家庭ごみとは違い、少し大きめの家庭ゴミや粗大ごみも合わせて、いくつかの数のゴミや不用品を処分したいという場合はあると思います。


そもそも不用品や粗大ごみは捨てる機会も多くはない為、どのようにして捨てたらよいかも認識しておかなければなりません。まずは、それら処分のルールを踏まえて改めて確認し、効率よく処分することが出来る方法を考えていきましょう。


まずは、ゴミの処分方法についてしっかりおさらいしましょう!


不用品/粗大ごみを処分したい場合、通常であれば地方自治体のサービスを利用することが一般的でしょう。各地方自治体によっては多少の費用の違いはあるものの、比較的安価な出費で処分をすることができます。


処分する物の大きさや種類などに応じて費用も変わってくる為、処分品によっては割高と感じる場合もあるかもしれません。さらに、当日や翌日にすぐに処分することはできず、地方自治体の粗大ゴミ回収のスケジュールに合わせて、ゴミを出す必要があります。


※基本的には軽く小さなものほど安く、大きく重くなるものほど費用が掛かります。


大概の場合、各地方自治体に設けられている「粗大ごみ受付センター」に問い合わせて、処分/回収の予約をする必要があります。また、事前に家先や居住アパート/マンション目の前の通り道の目立つところに処分する物を出しておく必要があります。気づいてもらえないと、粗大ゴミを回収してもらえないことにもなりますし、処分する物を道端に出しておかなければならないので、人目が気になったりする場合もあるでしょう。


地域によっては各地方自治体の回収センターに不用品を直接持ち込むこともできるようですが、都心や大都市部では、車を手配して粗大ごみを運ぶことも容易には出来ない場合がほとんどだろうと考えられます。


手間が掛かっても自力で家先に移動できるような数点の粗大ゴミであれば、各地方自治体の回収を利用した方が、費用は最も安いと言えるでしょう。



行政による一般的な粗大ごみの出し方


一般的な家庭の粗大ゴミの場合に関しては、コンビニなどで処分用の券を購入し、1000円以下で処分することが出来ますが、一部の家電製品に関しては、地域の行政の回収は行われておらず、処分に必要な金額もやや高くなります。


家電リサイクル法に基づく処分費


  • 冷蔵庫(4,000円~)
  • 洗濯機(3,000円~)
  • テレビ(2,500円~)
  • エアコン(1,000円~)

上記のように金額幅も変わってきます。


※一般的には、物によってはそれぞれ個別に料金がかかります。各地方自治体によりルールや金額も変わります。


しかし、一般的な家庭の粗大ゴミと比べて金額が違うだけではなく、簡単に捨てに出すということが自体も出来ない事がポイントになってくるでしょう。もちろん行政サービスになってくるので、品物を買い取ってもらうようなこともできません。そもそも、物も大きく運ぶのも大変ですし、取り外し等も簡単ではありません。一般的な粗大ごみ同様に家先や路上に出しておくわけにもいかないはずです。


また、処分をする場合には、どのような方法で処分をするかの選択肢は限られます。


  • 購入した販売店に引取りを依頼する
  • 買い替え店舗に引き取りを依頼する
  • 家電リサイクル受付センターへ引取りを依頼する
  • その他業者への依頼(処分や買取)

※リサイクル料金のほか、別途収集・運搬料金については、それぞれ異なってきます。


その為、こういった一部の電化製品に関しては、購入先業者や取り付け業者、またはリサイクル業者に相談して処分することが一般的です。各種業者が回収の業務を担っているおりますので、ややお金はかかりますが、取り外しから回収までをしてもらえます。このような事情がある為、単純に処分を希望される場合には、リサイクル業者や粗大ごみ回収業者というものの需要もあると考えられます。しかし、比較的新しい物の場合は、リサイクル業者などで買取をしてもらうことが可能となる場合もありますので、ただ処分をしてしまうのではなく、買取ができるのかも問い合わせてみると良いでしょう。


これら一部の家電製品に関しても、ご自身で中間集積所に持ち込んで処分をすることも可能です。家電リサイクル受付センターを利用するよりは若干割安になりますが、リサイクル料金を負担することには変わりがありません。


このように不用品や粗大ごみの処分は、お金はかかりますが処分自体は確実に行うことが出来るでしょう。しかし、あくまでも一般的に考えられる家庭ゴミの処分の範囲の話に過ぎず、一度に大量のゴミ処分や企業・施設等のような様々な種類のゴミが発生する可能性がある場合に関しては、頭を悩ませる部分も出てきてしまうでしょう。


そこで、家庭ゴミなど一般的な処分とは違うかたちで不用品処理をする手段をご案内いたします。


業者に依頼して時間を有効活用しよう!


まず、一度に大量のゴミ・不用品を処理したい場合、各地方自治体の案内にある通りの処分方法を活用することもできます。しかし、その場合、「一般ゴミ」「粗大ゴミ」「その他家電ゴミ」と対象の処理の仕方やタイミングもバラバラです。


どんなにスムーズに対応できたとしても、最低でも3日くらいは掛かってしまうかもしれません。しかも、不備があって処分し損ねる可能性もありますし、都度お金もかかってしまうと考えると、時間も労力も必要となってしまいます。


余程の余裕がない限りは、誰でも『まとめて終わらせたい』と考えるのが一般的でしょう。引っ越しであったり、時間的な余裕がない状況も必ずあるはずです。そういった場合に、一度の機会で様々な種類のゴミをまとめて処分できることが、清掃業者を活用する利点と言えるでしょう。


では、普通に時間を掛けてゴミを処分することと、清掃業者に頼んで一度に処分するとでは、どのような違いがあるのでしょうか。


一般的に自力でゴミを処分する場合には、全ての手続きを自分で行い、ゴミをまとめたり運ぶ作業も自分で行わなければならないため、個々に時間も確保しなければなりません。しかし、清掃業者に頼んだ場合、サービスの内容にもよりますが、様々なところまで手伝ってくれる場合もあります。


つまり、ゴミをまとめたり運ぶ手間も省けてしまう利点があるのです。そして、ゴミの種類によっては料金が変化する場合もありますが、一度に全て引き取ってもらえることが何よりも使い勝手の良い部分になるはずです。


清掃業者の多くは、「粗大ゴミ/不用品の回収処分」「リサイクル/買取」「清掃/ハウスクリーニング」といったいくつかのサービスを同時に対応している会社も多く、同時に多様なサービスを提供できる様々な利点もあり、実際の予想よりも低価格で幅広いことまで行ってくれます。


業者によっても様々ですが、不用品として処分したい物に『ある程度の価値』があるものの場合、処分ではなく買取という判断をしてくれる場合もあるでしょう。お金を出して処分してもらうはずが、逆にお金をもらえたら非常に嬉しいですよね。多くの処分品の中に価値のあるものが含まれている場合には、最終的な処分費用を抑えてくれる場合もあるかもしれません。一緒くたに不用品やゴミを処分するということであっても、想像よりも費用が安く済んでしまうケースが多いかもしれません。


昨今では、引っ越しの都合で「部屋の物を全て処分して欲しい」「清掃までして欲しい」といった要望もあるようなので、一気に問題を解消したい場合には都合が良く、非常に需要が高くなってきています。


実際の費用どう決まる?


清掃業者に依頼した場合、最短でも2時間前後の時間は必要となり、2名程度の清掃業者のスタッフも手伝ってくれると考えられます。清掃業者側の手間を考えると、1.5~2万円前後くらいからが相場になりそうです。一見すると高そうにも感じますが、なんでも処分が出来ると考えるとそれほど高い金額ではないでしょう。


また、処分するものの量に応じても費用は変わってきます。小型トラック1台分なのか、大型トラック1台分なのかで大きく違いがでるはずです。時間の制限の有無によっても、対応スタッフの人数の違いから費用面も変わりそうです。


しかし、ごく一般的な家庭の一部屋分のゴミ/不用品の処分と考えると、1.5万円程度で収まるものでしょう。結局のところは、ゴミを処分することにはお金がかかるものですので、処分量が基準になっていると考えると納得できるはずです。一般ゴミ中心の処分であっても、ゴミの量と対応スタッフ数などを考えれば、ゴミの重量自体は少なくても、労力に応じた金額となるのです。


ゴミの量に応じた処分プランもある?


清掃業者の中には、ゴミ回収量をトラックの台数で計算する会社もあります。車にゴミを載せて処分場まで運ぶだけであれば、清掃業者もそれほど労力も掛かりません。ですので、トラックのサイズにもよりますが、規定の重量までのゴミであれば積み放題というサービスを行っている業者もあります。


もちろん、その中には処分費用が掛かる特定の家電製品が含まれていても問題ないというプランを提供している業者も稀に存在しているようです。非常にお得なプランであることは間違いありません。仮に、小さめのトラックに「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」を載せても一度に処分ができ、数万円に納まるならば、とても楽で効率が良いものです。


自力での処分に比べると、実際よりもやや費用が多くかかってくる状況にもなりますが、「一度に処分できる」「運んでもらえる」というようなメリットが非常にあるはずです。業者を活用することで得する面を考えると決して損をする事にはならないでしょう。


まとめて様々なサービスプランを提供している業者も多いので、利便性を感じられることが多いかもしれません。


トラック積み放題で様々な物を引き取ってもらおう!


積み放題・捨て放題プランとは?

清掃業者のサービスでメジャーとなってきているのが、トラックに載せられる分だけ好きな量の不用品を処分できるプランです。


利用する時点で一定の金額と定まっているものなので、ゴミの量に応じて無駄に費用が掛かってしまうということもなく安心です。


軽・小・中・大型トラックと種類もありますが、基本的には頼んだプランごとのトラックに載せきることさえできればいくらでも不用品を処分することが出来るのはお得でしょう。


地方自治体の粗大ゴミ処分の費用に関しては、大きいものでも小さいものでも同じ種類の物は費用が一定という場合もあります。処分費用が高い場合、大きさや重さなどは関係なく費用負担も大きくなります。逆のパターンもあり、ゴミの大きさに比例して負担費用も大きくなるものもあるので、予想外に頭を悩ませる場合もあるでしょう。


しかし、トラック積み放題であれば、金額は気にしないで載せられるだけ処分することが出来るので、頭を悩ませることもなくスムーズに処分することもできるでしょう。効率よく利用することが出来れば、各地方自治体の回収よりも安く済ませることが出来るので、魅力があるのです。


しかし、1点だけ注意しなければならないことが『積載量』です。法律上、トラックのサイズに応じて載せられる積み荷の重さが決まっていますので、この部分は考慮しておかなければなりません。


まだトラックにたくさんのゴミを載せられる状況でも既に既定の重さに達してしまっては、載せきれない不用品を捨て損ねてしまうことになりますので注意が必要です。


ゴミの種類を気にせず、分類せずに処分できる!

トラック積み放題の場合、何よりもメリットがあることは、一般的ゴミと粗大ゴミであれば、特に分類する必要がなく回収してもらえる点です。


通常、地方自治体によってはゴミの種類に応じて金額は様々です。ですので、捨てる物の種類に偏りがあると、ゴミ量が少なく見えても意外と費用が高くなるようなことがあります。


トラックへの積み放題であれば、そのような個々のゴミごとの金額などは関係ないため、見積りの範囲の金額で済ませることが出来るでしょう。


捨てるものも事前に伝えて問題がなければ、後は作業スタッフが回収してくれるだけですので、何も悩むこともないでしょう。


しかし、1点だけ注意があります。粗大ゴミといっても、家電リサイクル法で定められた品目となる場合、処分するためには別途費用が掛かります。それらも同時に回収してもらう場合には、事前に伝えておき、見積もりを出しておく必要があるでしょう。


積み込みや解体作業も手伝ってもらえる。

さらに、トラックへの搬入や解体なども任せることが出来る点は非常にメリットであると考えられます。


地方自治体の回収を利用する場合、家具などはある程度の解体をしてコンパクトな状態で回収してもらえるようにしておかなければなりません。しかし、家具の解体はそれほど簡単にできるものでもありません。


そんな場合には、清掃業者の作業スタッフが対応してくれるので頼もしい限りでしょう。予め処分する物を伝えていれば解体と搬入までを対応してくれる場合がほとんどです。特に追加費用などが掛かるということも無いことがほとんどなのでお得かもしれません。


「トラック積み放題=大量の不用品の処分」ということで、こういったサービスが事前に準備されていることも嬉しい点ではないでしょうか。


捨て忘れて保管をする心配もなく、時短になる。

後は、時間が掛からないという点が最もメリットのある点かもしれません。


見積もりに合わせて回収作業時間がある程度定められている為、数時間程度いう時間だけで不用品の処分が完了しますので、一気にスッキリとした気分になれることでしょう。


自力で各地方自治体の回収サービスを利用する場合には、全てのゴミの処分までに1週間くらいかかる場合もあるはずです。


それを、休日などの数時間で全て済ますことが出来ると考えればどれだけ効率の良いことであるか分かるはずです。逆に、ある程度お金が掛かってしまっても、短時間に済ませたいという目的で利用をする人もいることでしょう。


良くあるケースが「引っ越しでのごみ処分」です。借りていた家から期間内までに退去しなければならない場合、荷物の移送よりもゴミの処分の問題が出てきます。


ゴミは定められた期間に出さなければならないので、回収のタイミングが合わないとゴミを捨てることが出来ないままの家の中に保管し続けなければならない状態になってしまいます。また、お盆や年末年始など長期休暇の際も同様にゴミを捨てられない期間が生まれてしまいます。


こういった場合に、清掃業者にゴミを回収してもらうことが出来るのは非常にメリットになるでしょう。作業スタッフが手伝ってくれることも考えると、非常に手間も時間も省けるメリットがあるのです。


同時に買取も活用することで得することもある。

処分したい物の量に対して「意外にも安い費用で済んだな」という場合には、良い清掃業者を選ぶことが出来ている可能性があります。


余程のガラクタ品の山など、あからさまなゴミ自体が多くなければ、本来はさほど処分費用もかからないものでしょう。ゴミ自体は本来お金を掛けずに家先で出せて処分できるものですから、ものすごく費用が高くなることもないと考えられます。


逆に想定よりも安くなる場合も考えられます。何故かというと、家具・家電などは古くなっても故障をしていない限り、売り物として価値のある物が存在している場合もあるからです。すると、本来処分するところが『買取』という形になる可能性も出てくるからなのです


例えば、そこそこの量のゴミと綺麗目なソファー1点を同時に処分したいとします。ゴミは5000円相当の処分料が掛かり、ソファーは5000円程度の買取価格が付いたとすれば、差し引きして数千円程度の手数料のみの出費で済むこともあるでしょう。


トラック積み放題で、費用が1.5万円ほどの見積もりだったものが、買取も同時にしてもらい、最終的に1万円で済むということもあるでしょう。良い清掃業者であれば、勝手に計算してくれるケースもあるかもしれません。


業者によってはそのようなメリット・デメリットを踏まえてトラック積み放題サービスを提供している業者もいることでしょう。


粗大ゴミ回収の定額プラン(トラック積み放題)の特徴


積み放題プランの一般的な相場

多くの清掃業者が提供している「トラック積み放題/捨て放題プラン」の特徴は、『定額』であるという点といえるでしょう。


=============================

  • SSパック ¥5,000~¥10,000
    0.8~1.0㎡ 段ボール20分相当

  • Sパック ¥13,000~¥18,000
    1.5~2.0㎡ 段ボール40分相当 軽トラック

  • Mパック ¥30,000~¥35,000
    4.0~5.0㎡ 1.5トン分相当 小型トラック

  • Lパック ¥50,000~¥55,000
    6.0~7.0㎡ 2トン分相当 中型トラック

  • LLパック ¥100,000~
    6.0~7.0㎡ 2トン分相当 中型トラック

=============================

※段ボールは、縦30㎝ x 横40㎝ x 奥行30㎝ で計算


上記のように、一般的には相場が決まっており概ね同じように5段階ほどのプランが用意されています。


「SSパック」「Sパック」以外は、該当プランのトラックに乗り切る分だけ捨てられると単純に考えてしまって問題はないでしょう。


ただし清掃業者によっては、リサイクル家電やPC関連は除く条件である場合がありますので、このあたりは要確認です。


実は納得の相場感!?

捨て放題/積み放題プランの相場感を確認すると分かりますが、実は捨てるゴミの量や運ぶゴミの量はそれほど大きない影響はありません。


お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これらの相場は「引っ越し業者」の相場感と非常に近いものがあるのです。


つまり、清掃業者の場合はゴミを捨てることを代行している部分があるのでそちらの費用が掛かってくるくらいで、基本的には物を運んでいる運搬業的な視点でいうと、法外な値段を設定していることにはならないのです。


小型トラックの例では、1LDK相当の引っ越し業者の運搬費用相当に、1割程度増しでゴミ処分費用を載せた程度の料金設定になっています。引っ越し業者が物を運ぶだけに対して、清掃業者は物を処分する対応までしなければならない為、運ぶだけではなく手間が掛かることが理解できるでしょう。


どちらの業種であっても、運ぶ物の大まかな量などをベース料金基準として設定していて、後は時間や労力をどの程度使うかで、料金の割引具合を調整していると考えられるでしょう。


清掃依頼は引っ越しのシーズンに合わせて多くなる傾向があるので、必然的に2つの業種の相場感/料金設定が近い動きをすることにも納得できるでしょう。


最終的には、見積もりを取る段階で処分品の種類などを伝えておくことになると思うので、それ次第ではプラン提示金額よりも安くなることが多いでしょう。何にしても、運んでもらい処分までしてくれるのは一石二鳥ですので、非常に助かるものでしょう。


積み放題/捨て放題プランは料金の基準と考えるべき

実際にプランを活用して一般家庭ゴミとなる種類のゴミをだけを大量に処分するという状況は、ゴミ屋敷などのケースを除き、非常に稀だと考えられます。※もちろん、一般ゴミだけではなく、何点かは粗大ゴミも含まれてくることでしょう。


しかし、現実的にはゴミの量の話だけではなく、ゴミ回収のために用意する車両や作業スタッフなど労力面の経費などが料金のベースとなってくると考えられます。


ですので、もしも大きめな粗大ゴミやリサイクル家電を中心に処分の依頼をする場合でも、処分品を運ぶために必要な車両や必要労力面などのベースはある程度は一定の料金基準で判断されているでしょう。そこから、家電毎の処分費用がプラスされると考えられます。


要するに、単純に考えてしまうと処分する物にはあまり左右されない傾向があるでしょう。ですが、処分品1つ1つに対しての料金計算をしていくとなると、予想以上にお金が掛かってしまうことも考えられる為、基準の料金としては固定費用となる積み放題/捨て放題プランの料金価格が参考になるはずです。


相談次第にはなりますが、良い清掃業者であれば、様々な種類のゴミを考慮して定額プランと比較して、料金を算出してくれると思いますので損をするようなことにはならないでしょう。


ついでに冷蔵庫も処分してプラス4,000円といった感じであれば、とてもリーズナブルだと言えます。


まとめて様々なゴミを一度に処分できる利点を活用しよう!


物が大きくて他者のサポートが必要であったり、処分までの時間的余裕が無かったりと、自分自身で解決できない状況がある場合には、有料であってもまとめてゴミを処分できる清掃業者を活用することは非常に有意義です。


特に、「まとめて処分できる」という点に使い勝手の良さがあると考えられます。「とにかく処分する」という目的が分かっていれば、作業も早いですし、利用者は任せてしまうだけで済んでしまいます。


処分ための対応作業や処分品の種類によって費用はおのずと増えてしまいますが、「それでも早急に不用品を回収して欲しい」というニーズがある訳ですから、お金が掛かってしまっても納得ができる利用者は多いでしょう。


見積もりや相談ベースで料金も変動する場合が多いですので、予想よりも費用が抑えられる場合もありますし、買取を活用することでも費用を下げられる場合もあるでしょう。ゴミや不用品を回収してもらうことだけで業者を活用するのではなく、買い取ってもらう機会もあるということも覚えておくと良いでしょう。


軽トラックでの積み放題プランをベースに不用品/粗大ゴミの回収依頼をして、合わせ技で様々な種類のゴミも一度に処分するなど、上手く清掃業者を活用することが、何よりも大事なポイントになるでしょう。

2021.06.23 イメクラ /